地震保険の有無の決め方

火災保険にさえ加入していればどんな自然災害が起きても安心!と、考えている方も多いですが、火災保険でカバーできない自然災害として地震や噴火、津波による被害があります。

 

記憶に新しい未曾有の災害となった東日本大震災では津波による甚大な被害や、地震が原因となって火災が多発したことも大きな問題となりました。

 

日本は地震大国とも呼ばれるほど地震が多発する地域で、各所に活断層が存在していることから、大きな地震がいつ起こってもてもおかしくない状況になっています。

 

火災保険に地震保険をセットしておくことで、万が一地震による被害を受けた場合も建物や家財の補償を受けることができるようになります。

 

ちなみに火災保険に地震保険をセットするという契約しかできませんので、地震保険単体での加入はできないことをご承知おきください。

 

地震保険の注意点

注意しなければいけないことは、地震保険の場合は火災保険で設定した建物や家財と同じ金額が補償されるものではないという点です。

 

火災保険で設定した契約の30~50%、建物は5000万円で家財は1000万円までという上限が決められています。

 

火災保険では新価か時価によって建物の保険金額が決められますが、その金額の30~50%までしか保険金額を設定できません。

 

仮に大きな地震によって家が半壊、最悪の場合全壊したという場合でも地震保険によって完全に元通りに再建することが難しいということになります。

 

地震保険が本当に必要なのか、必要でないのかはそれぞれ考え方があると思います。

 

例えばマイホームを新築したばかりで、頭金に貯金を使い果たしてしまった状態で、住宅ローンもあと35年も残っているという場合は地震保険に加入していた方が良いでしょう。

 

もしもこの状態で大きな地震が発生し、住む家を失くした場合はたとえ全額でなくてもまとまった保険金が支払われることで生活を再建させることが、十分可能であると考えられるからです。

 

特に地震が発生する可能性が高いと指摘されている、津波が発生すると指摘されている地域などにお住まいの方はしっかりと検討する必要があります。