家財の保険金額の決め方

家の大切な財産となる家財にはどのくらいの保険金額を決めるべきなのかは、契約者様の判断に委ねられます。

 

突然何らかの被害に遭い、我が家の家財を全て失ってしまう事態に陥った時にいくら保険料を受け取ることができれば、元通りの家財状況に戻すことができるのかを考える必要があります。

 

家財に該当するもの

家財に該当するものは、家電や家具、インテリア用品、衣類、生活雑貨などです。

 

まずはご自宅にあるこれらの家財を全て購入時の金額で換算した場合に、どのくらいの金額になるのか考えてみてください。

 

実際に計算してみると驚かれるかもしれませんが、家財だけでも結構な金額になることがわかると思います。

 

独身で生活している方よりも、家族が多いご家庭になれば家財が増えるのは当然のことです。

 

大体の目安として、独身世帯の場合は300万円程度あれば良いと考えられますが、夫婦と子供が2人いるご家庭の場合は1000万円前後は必要になると言われています。

 

仮に家財の再調達価額を計算してみると500万円しかなかったけど、もしもの時にはもっと高いものを購入して揃えたいので1000万円の補償にしておこうとするのはNGです。

 

実際の保険金は500万円の支払いとなってしまいますので、ただ保険料を無駄に支払う結果となります。

 

この場合は500万円の補償に加入するか、これよりも少ない金額の補償に設定することになります。

 

補償額が高くなるに比例して保険料の金額も高くなってしまいます。

 

あくまでも保険はもしもの時に備えるために準備しておくものなので、必要以上の補償を求めることはありません。

 

火災保険は掛け捨てとなるので、保険金の請求をする事態もそうそう起こることではないことから、できるだけ保険料を抑えるために補償内容を下げている方もいます。

 

見直しが必要になる時期が来るたびに家財の保険金額を見直すようにしてください。

 

特に家族の数に増減が生じた時にも、きちんと家財の保険金額について検討することが大切です。

 

まずは、火災保険の見積もりをもらって最適なプランを選択しましょう。