建物の保険金額の決め方

火災保険で補償される建物の保険金額を決める場合には、建物の価値を示す評価額によって決定します。

 

評価方法としては2種類あり、新価と時価のどちらかを決める必要があります。

 

新価と時価について

新価とは建物が何らかの損害を被った場合に、新しく立て直すための価額です。

 

時価とは新価から時間の経過によって老朽化することで価値が下がった価額となります。

 

この2つの価額はいざ保険料の支払いを受けることになった時に大きな違いを生じることになります。

 

具体的な例で考えてみると、築10年の一戸建てが新築時にかかった新価が4000万円、現在の時価が3000万円だったとします。

 

火災が発生し、全焼してしまったという場合は家を元通りにするために本来であれば4000万円必要になります。

 

新価で契約していれば4000万円の保険金を受け取ることができますが、時価で契約していれば3000万円しか保険金を受け取ることができません。

 

元通りにするために1000万円不足してしまうことから、元通りの家にすることが難しいという状況になります。

 

このように新価と時価ではかなり保険金額に違いが生じることがわかります。

 

かつては時価での契約が多かったため、万が一のことが発生した時に保険金が足りないという事例が多かったものです。

 

最近では新価での契約をするケースが多く、元々は時価で契約していた方が新価へと変更するという例も多いです。

 

ただし、時価よりも新価の方が補償が厚くなる分、保険料の金額も高くなってしまいますのでこのバランスも考えることが大切です。

 

住宅ローンを利用してマイホームを購入した方の場合は、ローン契約時に火災保険へ加入している場合が多いため補償内容がよくわからないという方が多いと思います。

 

数年経ってローンを完済する頃にはローン契約時の火災保険も満期を迎える頃になりますので、見直すを考える時期になると思います。

 

「何年も経った家だから価値が低いのは当然だから時価でも良い」という考え方もありますが、もしもの時に必要な補償を得るには新価で契約するという選択肢の方が正しいので、どちらにするかしっかりと考えるようにしましょう。