必要な補償の決め方

火災保険に加入するにあたっては、どんな補償が必要になるのかを決めなければいけません。

 

「保険なのだからとにかく補償されるものは加入しておこう」となれば、それなりに保険料は高くなってしまいます。

 

きちんと考えなければ必要のない補償に加入してしまう可能性があり、無駄に保険料だけを支払う結果になります。

 

本当に必要な補償を絞り込んで加入するようにしましょう。

 

火災保険の補償内容

火災保険に設定される補償内容は様々です。

 

火災の他に台風や集中豪雨で洪水になった時の水災や台風や暴風雨、豪雪による風災・雹災・雪災、落雷などの自然災害があります。

 

近年は異常気象が頻発しており、今までに経験したこともないような被害に遭う地域が増えていると言われています。

 

突然起こる自然災害に備えて火災保険で補償してもらうことは、非常に大切な備えだと考えられます。

 

これらの自然災害については、最初から基本補償としてセットされている場合が多いです。

 

なお、地震が原因によって発生した火災や水災などの損害については火災保険では補償対象になりません。

 

その補償が必要であれば、地震保険にも加入するようにしましょう。

 

人災について

人災として起こりうることとしては、ガス漏れなどによって起こる爆発や破裂による損害や、建物の外で何らかの物体が落下、飛来、衝突するなどによる損害です。
よくある事例としては、建物に自動車が突っ込んでくるというケースです。

 

運転手が自動車の任意保険に加入していない場合はスムーズに賠償されない可能性もあるため、交通量が多い地域などでは加入を検討しても良いのではないでしょうか。

 

マンションなどにお住まいの方は漏水による水濡れの損害に対する補償も検討が必要です。

 

上の階で水道管が破裂してしまい室内の家財道具が使えない状況になることも考えられます。

 

この他に盗難による盗取、損傷、汚損などの損害や騒擾・集団行動に伴う暴力行為による損害、不測かつ突発的な事故による損害なども対象になります。

 

このように様々な補償がありますが、誰もが全ての補償が必要になるとは限りません。

 

しっかりと見積もりをもらって検討し、無駄な保険料を支払うことがないようにしましょう。