建物の構造を把握する

建物の構造によって火災保険の保険料が変わることをご存知でしょうか。

 

実際に加入する前に、住宅の建物の構造を正しく把握していなければ正確な保険料を算出することができませんので注意しましょう。

 

建物の構造級別について

火災保険には建物の構造級別が決められています。

 

建物が一戸建てやマンション、アパート、共同住宅などが該当する住宅物件なのか、店舗併用住宅や事務所、店舗などの一般物件、工場物件、倉庫物件によって分けられています。

 

一般の方が多く加入することになるのが住宅物件ですが、建物の構造級別はM構造、T構造、H構造の3種類に分けられます。

 

M構造はコンクリート造、コンクリートブロック造、れんが造、石造の建物、耐火建築物の共同住宅が該当します。

 

T構造はM構造と同じで共同住宅以外の建物、準耐火建築物、省令準耐火建物が該当します。

 

H構造はM構造にもT構造にも該当しない建物となります。

 

具体的には鉄筋コンクリート製マンションはM構造、木造住宅はH構造に該当することになります。

 

木造住宅でも省令準耐火構造の住宅の仕様に適合していればT構造となります。

 

耐火性の高いM構造は保険料が割安、耐火性が低いと判断されるH構造は保険料が割高になってしまいます。

 

一般物件の場合は住宅物件と呼び方が異なり、1級から3級までに分けられます。

 

1級はコンクリート造や耐火建築物などの耐火性が高いものが該当するため保険料が割安になり、3級になれば耐火性が低いため保険料も割高となります。

 

このように建物の構造級別によって保険料が変わることになりますので正しく判断することが必要ですが、特に住宅物件の木造住宅にお住まいの方は注意が必要です。

 

「我が家は木造だから、例外なくH構造になる」ということにはなりません。

 

場合によってはT構造になり、保険料が割安になる可能性があります。

 

建物を入手した際に建物登記謄本や不動産取引などの書類などを確認することによって、正しい構造の種類を知ることができます。

 

きちんと確認をしたうえで検討するようにしましょう。