「失火法」を知っておこう

自分は絶対に火事を起こさないという自信があるから、火災保険に加入する必要がないと考えている方が多いものです。

 

特に、賃貸住宅にお住まいの方はそのように考えている方が多いようですが、「失火法」の存在を詳しく知らないため、後で非常に困ったことになったというケースが多いので注意が必要です。

 

失火法とは?

失火法とは、正式に失火ノ責任ニ関スル法律(失火責任法)として民法で規定されている法律です。

 

失火者の責任について規定している中で、民法第709条の規定では失火の場合には適用しないとされています。

 

ちなみに民法第709条では、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは損害賠償の責任を負うことを明記しています。
つまり、火災によって他人に損害を与えた場合については損害賠償をする責任がないことを法律で示しているのです。

 

集合住宅での注意点

ここで特に注意しなければいけないのがマンションなどの集合住宅で賃貸契約をしている方です。

 

もしも隣人が失火したことで消火活動で自分の部屋も水浸しになり、家財道具も使い物にならなくなったとします。

 

ここで失火者である隣人に対して損害賠償を求めても、失火法により守られてしまうため賠償してもらうことができません。

 

ただし、失火者の重大な過失によって火事が起こった場合については賠償責任を問える可能性もあります。

 

重大な過失とはあまりにも曖昧な言い方ではっきりとわかりませんが、過去には寝タバコや子供の火遊びなどについて、重大な過失であったとして賠償責任を負うことになったケースもあります。

 

そのため「自分が火事を起こしても失火法があるから他人に賠償する必要はない」と考えるのは間違いです。

 

誰もが火災を引き起こす可能性はゼロではありませんし、重大な過失とみなされることも十分考えられます。

 

このように火災の被害に遭ったり、自分が火事を引き起こし、他人に迷惑をかける可能性は誰でも起こりうることです。

 

だからこそ火災保険の存在が重要になります。

 

自分にはどんな補償が必要になるのか考えるためにも、保険の見積もりは必須と言えるでしょう。