ハザードマップを確認して補償範囲を絞り込む

お住まいの地域がどれだけ自然災害のリスクがあるのか、きちんと把握していると自信を持って言える方は少ないはずです。

 

万が一の時にはどんな災害が発生する可能性があるのかを知るためには、お住まいの地域の自治体が作成しているハザードマップを確認することが大切です。

 

まずは自治体にハザードマップの存在を確認し、どのようなリスクが潜んでいるのか確認するようにしてください。

 

ハザードマップの内容

ハザードマップには津波や高潮、洪水、土砂災害、火山など様々な自然災害のリスクが予測されています。

 

例えば海岸沿いの地域であれば津波や高潮のリスクが高くなりますので、これらの予測状況を記載したハザードマップが作成されることになります。

 

最近は都市部でもゲリラ豪雨による被害が危険視されており、地域ごとに浸水被害が予測されるハザードマップが作成されています。

 

自治体の窓口に直接お問い合わせ頂いても良いですし、ホームページに掲載されている情報を確認することもできます。

 

お住まいの地域には具体的にどのような危険が指摘されているのかを確認し、火災保険に加入する際の参考にしていただくこともできます。

 

火災保険に加入する際には必要のない補償を外すができ、保険料を抑えることもできます。

 

例えば海も川も近くにない地域である場合は、洪水や津波の被害があることはハザードマップにも示されていないはずなので、水災に関しては必要がない補償であると考えられます。

 

逆にハザードマップを見ることで必要性を再認識できる補償として地震保険があります。

 

埋立地にすることによって住宅地化された土地を購入し、家を建てた場合は地震が発生することによって液状化現象が起こる可能性が高くなります。

 

この場合は地震保険に加入していれば補償を受けることができるようになります。

 

ハザードマップの土地条件図を確認すると、お住まいの土地が元々はどのような土地だったのか把握することができます。

 

このようにハザードマップの情報を確認することによって火災保険に必要な補償範囲を絞り込むことに役立ちます。

 

様々な条件を設定して、見積もりを確認しじっくりと検討してください。