火災保険の補償範囲

万が一に備えて加入しておくことが薦められるのが火災保険です。

 

実際に火災保険の補償範囲が何から何までということを詳しくご存じない方も多いので、改めて確認しておくことが大切です。

 

火災保険とは?

火災保険はその名の通り火災、つまり火事が発生した時に起きた損害に対して補償される保険です。

 

火事で損害を被った建物はもちろん、建物の中にあった家具や家電などの家財も補償してくれます。

 

突然火事によって住む場所を失ってしまうことがないように、お守りするための保険となります。

 

住まいを突然失ってしまう可能性があるのは火事だけではありません。

 

例えば台風や集中豪雨による風水災害、落雷などの自然災害も考えられます。

 

マンションにお住まいの方は上の階から水漏れが発生し、室内が水浸しになることもありますし、空き巣などの被害に遭うことも考えられます。

 

こういったリスクに対しても火災保険に加入しておくことで備えることができます。

 

ただし、地震による被害に関しては火災保険では補償されませんので、別途、地震保険に加入しなくてはならないのでご注意ください。

 

補償が選択できる!

火災保険に加入する際には必要な補償を自分で選択することもできます。

 

例えば現在の住まいは賃貸住宅という方の場合の保険では、建物に関しては大家さんが加入していますが、家財に関しては契約者がご自身で加入する必要があります。

 

そのため家財に対する補償分だけ火災保険に加入するということも可能です。

 

仮に自分が火事を発生させることがなくても、隣家で火災が発生し、もらい火で被害を受けてしまうことも考えられることから、決して自分には関係がないことだと思わないようにしましょう。

 

また、もしも自分の過失で火事を発生させてしまった場合、大家さんに対して賠償責任を負うこともあります。

 

賃貸住宅の契約時に原状回復義務を負うことになるため、元通りにするための賠償責任が発生してしまいます。

 

このように個々の状況に応じて火災保険で必要な補償範囲が異なることから、自分の場合はどんな補償があれば良いのかしっかりと検討することが大切です。
まずは見積りを行って、じっくりと確認してみましょう。