自分に合った火災保険を選ぶポイント

建物の構造を把握する

火災保険の基本中の基本として、火災保険を掛ける建物の構造を正確に把握してください。

 

建物の構造は柱の種類によって3つの区分に分けられます。

  1. M構造:マンション構造
  2. T構造:耐火構造
  3. H構造:その他の構造

火災保険を掛ける建物がどの構造か確認する方法としては建築確認申請書等の書面などに記載されているので確認してみてください。

 

それでも不明な場合は、施工者等に問い合わせてみるといいでしょう。

 

必要な補償を絞り込む

火災保険はいくつかの補償内容によって構成された保険となっています。(選択できる補償範囲は保険会社によって異なります)

 

基本補償として「火災」「落雷」「破裂」「爆発」となっており、自然災害補償には「風」「ひょう」「雪」「洪水」などとなり、その他の補償として「盗難」や「物損」「汚損」などがあります。

 

ここ最近の火災保険は、補償内容を組合わせる加入方法が主流となっています。

 

なので、水災の被害が少ない地域に建物が建っているのであれば、水災補償を取り外すという選択肢もあり、外した結果、保険料が安くなることもありますので、十分に検討するといいでしょう。

 

割引が適用されるか確認する

火災保険には割引制度が設けられている保険会社があります。

 

例えば新築物件で購入した場合には新築物件割引が適用されたり、保険加入期間を長くすることで長期割引率が適用されて費用を安くすることもできたりします。

 

火災保険に割引については、保険会社独自で設けている割引もありますので、何社か比較してみるといいかもしれません。

 

地震保険をセットするか検討する

火災保険で注意しなければいけないのが、地震等を原因とする火災による損害などは火災保険の対象外となるので、地震に対しても補償をしたい場合は、震保険をセットする必要があります。

 

地震保険は、火災保険金額の50%~30%の範囲内で1~10万円単位で設定が可能です。

 

保険会社によって引受方法が異なることもありますので保険会社に確認するといいでしょう。

 

また、地震保険は途中から付帯することもできます。

 

まずは見積書の比較から始めましょう!

火災保険の保険料は地域や建物の種類などによって金額が異なるので、あなたの建物に対しての保険料を知るには見積りを出してもらわないとわかりません。

 

現在では、インターネットから火災保険の見積書作成を無料で依頼することが可能になりました。

 

複数社で保険料を比較したい場合は、見積書を作成してもらった上で比較すると効率がいいかもしれません!

火災保険を選ぶ際のポイント

初めてマイホームを購入した方はおめでとうございます!

 

人生で最大の買い物と言ってもいいマイホームですが、購入に至るまで頭金を貯めたり住宅ローンの審査を何度も受けたりと紆余曲折があったかと思います。

 

そんな思いをして購入したマイホームですから万が一に備えて火災保険を検討している方も多くいるのではないでしょうか。

 

特に隣家が並ぶ土地に建てたマイホームも場合、隣家が火事になり、その貰い火で自宅が燃えてしまった場合、修理費用などは誰が支払うかご存知ですか?

 

日本の法律では原則として相手に損害賠償を求めることができないのです!

 

もうビックリですよね。

 

そういった事態が起きても大丈夫なように火災保険は必要であると言えます。

 

火災保険を取り扱う保険会社も数十社近くありますので、どの保険会社の火災保険がいいのか迷ってしまうかと思います。

 

そんな時は、比較サイトを活用したり、人気の火災保険を調査してみたりと出来る範囲から少しずつ情報収集するといいでしょう。

 

■火災保険の相場を知るならココ!
>>火災保険の相場はこちら

 

一気にやると間違いなく途中でモチベーションが低下すると思います。

 

ある程度絞り込んだら、各保険会社から見積もり作成依頼を行い最終的な比較をして契約するといいかもしれません。